phpのforeach文を使用して配列を出力する方法。phpのforeachを使って連想配列を出力する方法。

phpで予め登録したページへのarray文とfile_get_contents、mb_elegなどを使ってサイトから取得しているのですが、プログラムが最後まで走らないケースがあります。

どのような問題でしょうか?

phpのforeach文を使用して配列を出力する方法。

phpで配列に入れた要素を出力したい場合があると思います。そんな時に便利なのがforeach文です。

今回はそのforeach文を使用して、配列の要素を出力する方法を紹介します。

foreachは、配列を繰り返し処理するための便利な方法です。 foreachが使用可能なのは配列とオブジェクトだけであり、 別のデータ型や初期化前の変数に対して使用するとエラーとなってしまうので注意が必要です。

foreach文の書き方

foreach文は上記のように、引数に定義した配列名$配列名と配列の要素を取得するための変数$値を指定します。

実際に例を見てみましょう!

上記のように、定義した配列$arrayの要素が全て出力されていることがわかります。

引数に指定した、要素を取得するための変数$valueに、定義した配列名$arrayの要素数分、繰り返しechoされています!

$array内の要素が一つずつ$valueに入るイメージです。

最初は混乱するかもしれませんが、phpにおいて配列をforeach文を使用して処理する頻度は高いので、マスターしましょう!

以上までにphpのforeach文を使用して配列を出力する方法を紹介しました!まとめると、

phpのforeachを使って連想配列を出力する方法。

以前に他の記事でforeachで配列を出力する方法を紹介しました。

今回はphpのforeach文を使用して連想配列を出力する方法を紹介します!

配列のインデックスkeyが数値ではなく、自分で指定する文字列にした配列のことです!

実際に例を見てみましょう!

まず通常の配列です。
ソースコード

以上のように、keyが[0][1][2]と数値で連番になっていることがわかります。これが通常の配列です。

続いて連想配列の例を見てみましょう!
ソースコード

以上のように、keyが[‘犬’][‘猿’][‘きじ’]になっていて、それぞれにvalueが設定されています。これが連想配列です!

それでは、定義したphpで定義した連想配列をforeachを使用して出力する方法を紹介します!

foreach文の書き方

foreach文は上記のように、引数に定義した配列名$配列名とasに続けて連想配列の$keyと$valueを=>で繋ぐように記載します。

実際に例を見てみましょう!

上記のように、$arrayで定義した$keyと$valueがそれぞれ指定した箇所に表示されていることがわかります!

以上までにphpのforeach文を使用して連想配列を出力する方法を紹介しました!まとめると、